読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見境ないオタク

アニオタ・ドルオタ・腐女子という三重苦と共に生きています

シン・ゴジラ 見てきた

シン・ゴジラ見てきました。
いや〜〜めちゃくそ良かったですね!ババア大興奮!
なんというか、言ってしまえばわたし好みの映画でした。サイコー!

オタクといえども、庵野秀明に傾倒しているわけでもなく、なんとなくの庵野テイストがわかるくらいでエヴァも真面目には見たことがない
特撮も好きだけど平成ライダーをちょいちょいっと見ていたくらい
映画は好きで毎年何本かずつは映画館で見ているけど専門的な知識は何もない

というかんじのわたしが、この映画について何か特別新しい視点で文章を書くことは無理だと思ったので、でも何か書きたいので、

わたしが個人的にサイコーやん〜〜!てなったポイントを手短に書いていきます!






①展開早い

大体の映画って、殊更怪獣・パニック系は導入がしっかりある気がします。主人公の当たり前の日々、事態の前兆、異常事態発生と、メインのモンスターなり天変地異が起こるまで然るべきステップがふまれている。しかしシン・ゴジラではもうかなり前半でゴジラが出てくる。ゴジラが出てくることが映画のスタート地点と言っても良いくらいだと思います。
たまに怪獣・パニック系の映画を見ていて中盤までの段階で「はよなんか起これ!」と思ってしまうことがあります。サプライズ的にモンスターが現れるなら良いんですが、「今回はモンスター映画を見るぞ!」と意気込んで映画館に来る場合がほとんどのわたしは、言うなれば前置きの平和な日々の長ったらしさに焦らされすぎてイライラしたり醒めたりして、映画の世界に嵌まりきれないということがあります。
壊される日常を描くためには当たり前の日常を描く必要がある、ごもっともだと思う。でも、はよ戦わんかーい!と思ってしまうせっかちなわたしにとっては、このシン・ゴジラのトントン感はとても良かった!好き!




②そこにたしかにいるゴジラ

そして何がヤバいって、ゴジラゴジラ!!
最初に水面から出てくる尻尾が映った時、正直CG感を感じて、ポスターのイメージとちょっと違ってしょんもりしました。
でも!全体を現したゴジラを見てもうね、興奮しました!そこにいるんだもん!
今までわたしが見てきたのは、リアルで鮮明なツヤツヤした、いわゆる100パーセントCG感の怪獣。ハリウッド映画の最新CG技術みたいな謳い文句のモノに逆に慣れきっていたわたしにとってあのゴジラは新鮮でしかなかった。
同じCGでもこんなことになるんか…というくらいにはトキメキの着ぐるみ感を感じさせるゴジラでした。
だからと言ってちゃっちい訳ではない。着ぐるみのようで、でもそうじゃない、そこにたしかにいて砂埃を被っているゴジラはめちゃくちゃ怖い。どんなにリアルで鮮明な怪獣よりも、わたしたちの住む場所に現れ得ると思わせる恐ろしさがゴジラにはありました。もうね、好き!




③働く大人たち

シン・ゴジラの大筋はなにか、となると、「ゴジラと大人たちの戦い」って感じでした。
主に政治家と自衛隊ですが、責任と覚悟をもった大人はこんなにもかっこいいのか、と思わせるキャラクターにもうメロメロです。
ゴジラとの戦いに関わる以外の場面がほとんどないのでキャラクターごとの家庭やプライベートの詳しい事情や状況はわかりませんが、セリフからそれぞれが責任と覚悟の中で、それぞれのかなしみを背負って戦っていることは十分わかるのです。
あえてプライベートの描写は切り捨て、キャラクターに同情させたりしない。キャラクターの名前と役職、仕事さえ分かればこのシン・ゴジラは成立すると思いました。だからわたし的には誰に嫁と子供がいるだとか、どういう経緯でこの仕事に就いたのだとかはどうでもよかった。名前と仕事しか分からないくらいのキャラクターが、ゴジラと戦うところに重点をおいたこの映画をシンプルかつサイコーのものにしたと思います。
あくまでゴジラとの戦いに重きを置きつつ人間の働く姿をここまでかっこよく描いていることにもう385万サイコーポイントを贈呈です。




④すぐチューしない

なぜかピンチの時にチューする映画あるじゃないですか。シン・ゴジラではチューしません!チューしてる暇あったら働きます!はいチューきたーーー今チューしてる場合かーい!とツッコむ必要無しです。感動。
あと戦うダーリンを思って無事を祈る女のシーンとかもありません。ブラボー。この映画では女は守られるだとか女は男の無事を祈って待つだとかそういうのは無く、ゴジラ対人間。人間の中の男女は関係なく全員が戦っているところがキュンです。
人間の中で守り守られる関係なのは、政府・自衛隊と国民であって、そこに男女は関係ない。彼氏彼女、夫婦の要素は表立って描かない、恋愛の要素が限りなくゼロで好き!




⑤音楽

突然劇中歌とか言ってシリアスな空気ぶち壊して流行りのアーチストの曲流れる系の映画あるじゃないですか、シン・ゴジラインスト以外の音楽ありません!!!!大勝利!!!
音楽も映画の雰囲気助長させてめっちゃいいです!語彙力なくてごめん!
エンドロールの時もどっかのゴリ押しのミュージシャンの曲流れたりしません!雰囲気壊さない!サイコー!お家に帰るまで気分はゴジラ
付け加えですが、エンドロールに自衛隊協力で基地の名前とか戦艦の名前がずらーっと流れるのですがそこにも興奮しました。我ながらよくわからない興奮ポイント。ラストの「終」にもムラムラきました。





なんか書いてるうちに興奮してきました!!ポッポッ!


とにかくわたしが言いたいのは、シン・ゴジラは完全にわたし好みの映画だったってことです!!

とりあえずわたしは弟が帰省次第また劇場にまでゴジラに会いに行きます!終〜〜!