読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

見境ないオタク

アニオタ・ドルオタ・腐女子という三重苦と共に生きています

Hey! Say! JUMPダンス観察レポート

 
 
 

耳にタコができるほど言ったとは思うがわたしはHey! Say! JUMPがチョー好きである。

 
その中でもダンスがチョー好きである。
 
 
そもそもわたしがダンスをかじってることもあって、ずっと彼らのダンスについて何か書きたいと思っていたのだが何を書けばいいのか思いつかず今に至るのである。
私、一応ダンス歴は10年越えでヒップホップを7年ポップを4年専門でやり、ロック・ジャズ・ガールズ・R&B・ハウスは一通りやったはずだが一向に痩せなかった。不服である。パンキンもちょっとできるのである。デブは今泣いているぞ!
 
 
 
そしてわたし思いついたのである。
 
 
 
チキチキ!これ書いてみたかってんHey! Say! JUMPメンバー大学のダンス部に所属してたらどんなポジションになるんやろ選手権
 
 
 
ドンドンパフパフ〜〜〜〜
 
 
 
 
このクソ深夜にマルチアングルを見ていて思いついたトンチキ企画、誰も相手にしてくれない悲しい夜をきっかけに達成させる所存である。
 
 
 
ダンスはどうしても上手い下手はあるが今回はそこは置いといて、特徴とその特徴からのいらん妄想を書こうと思っているのである。
 
 
 
比較対象の中心とするのは、Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2015 JUMPing CARnivalの初回限定盤Disk2  Boys Don't Stopのマルチアングルとする。
 
ダンスナンバーが多々ある中、Ride With Meなど踊り慣れた振り付けではなく上記ツアーでダンス初披露とされ、Beat line 愛よ後の疲れがやばい状態のこの曲を取り上げることで、割りかし余裕のない状態のガチダンスをメインに比較していく所存である。
 
 
 
 
とにかくキレがヤバい。体幹も多分ヤバい。ブレずに立ちから腰を落とすときの勢いと位置も振り切ってる点から全身筋肉体幹オバケと考えられる。膝伸ばした状態からグンって下がってそこで静止できる安定感。
踊ってる時の集中度は高めで常にいい角度を見せてくれる感じ。まじプロ。
緩急のつけ方がハチャメチャに上手い。ボイドンでは無いがウィークエンダーの山田くんは本当にハチャメチャ上手いと思う。ボイドンは割と全力感があるかな?一番疲れそうな踊り方してる。
 
 
ダンス部の山田くん
 
キレと体幹の感じから割と基礎練をがっつりやるタイプでアイソレーションに常に本気。アイソレーションで鏡見る目がガチ。うまく踊るためには筋肉が必要と考えて、山田がアイソレーション担当になると体幹とか筋トレの時間が増えて女子からは若干嫌がられる。でもめげずにやる。
 
 
 
②知念侑李
 
意外に割と淡々と踊る。ボイドンレベルの振りなら余裕を見せながら踊れる。お茶の子さいさい感ある。振り覚えが早そう。最小限で綺麗に見せる。無駄な動きが無い。アレンジや小技を入れないシンプルな動きで上手く見せる。移動やターンでポテンシャルの高さを感じる。めちゃめちゃ高級な無添加100パーセントジュースって感じ。
 
 
ダンス部の知念くん
 
入部した時からジャズ界隈では有名でターン聞きたかったら知念的な存在。練習にしばらく来れなくて久々来た時に「うわ〜〜どうしよめっちゃ振り進んでんじゃん〜〜無理〜〜」とか言いながら秒で覚えていつの間にか鏡のど真ん前にいる。ステージに出る際も余裕があるので見てる後輩にいらんファンサをして乙女をもてあそぶ。
 
 
 
③中島裕翔
 
癖があまり無い。振りをカウントでしっかり覚えている感じ。踊ってるときも頭の中でカウントとってそう。体力オバケで全然疲れが見えない。ボイドンがゆーとまにあとビートラインやった後とは思えない。どちらかというと直線的な動き。チャキチャキ系。
 
 
ダンス部の中島くん
 
振りをカウントで作ってくるタイプ。教えてもらう時も「ワン?エンワン?入りどっち?」とかめっちゃ聴いてくる。だから振り忘れた時は中島に聞けば分かりやすくオリジナルに近いのを教えてもらえるので重宝される。練習でいらんおもしろい動きとかをして体力使ってるはずなのに最後まで誰よりも元気。
 
 
 
 
動きが直線的。初動早め。ノリや身体で覚えるよりも理詰めで振りを覚えるタイプっぽい。音ハメよりもカウント派。必死な顔がかわいい。基本余裕がない。次の動きを考えながら踊ってそう。
 
 
ダンス部の岡本くん
 
理詰めで覚えるため作る時は自分もカウントで振りを作る。覚えやすい振り作りが得意で、初心者向けの振りを作るのが上手い。振り付けをしている時にわからない時は分かりやすく不安げな顔をするため全員で確認できるきっかけになるマジで重要なポジション。
 
 
 
⑤有岡大貴
 
ダントツでセンスがある。振りのある所だけでなくフリーの動きでも自分らしい見せ方のバリエーションを持ってる。カウントではなく曲に合わせて振りを置きにいってる感じ。ちょいちょい余裕を見せてくる。踊ってて楽しそう。
 
 
ダンス部の有岡くん
 
振りを作らせるとカウントではなく音ハメで作ってくるので難しい。けどかっこいいの作ってくるからみんな必死こいて覚える。イベントとかでは大人気で他校でも有名。フリーの動きで肩クイッてきたり脚あげたりしながらドヤ顔したり小技かましたりすると観客からめっちゃアーーーーイ↑↑↑とか言われるタイプ。
 
 
 
⑥伊野尾慧
 
手と肩の使い方が独特でヘニョって見えがちだが意外にちゃんと踊ってる。自分のスタイルを持ってる点からするとダンサーとしてはかなり強い。ボイドンの割と激しめな振りが優雅に見えるのは多分大体手と肩のせい。自他共に認める綺麗な手を意識して使ってるとすればかなりのやり手だと思う。
 
 
ダンス部の伊野尾くん
 
新しい振り始まったその日からちゃんと練習に来てるはずなのに、教えられたその場から何故か一人若干違う動きをするも間違ってはいないため矯正はされないまま本番を迎える。そんで周りから浮く。コアな後輩に好かれて伊野尾スタイルのダンスを真似ようとする界隈が出来上がる。
 
 
 
 
勢い激しめの動き。上半身、腕の動きが固定されないタイプ。わさわさ系。全力で踊って全力で疲れる。踊ってるときの顔がエロい。なんかのDVDのマジパで死にそうな顔で踊ってる高木くんエロすぎてやばかった。ボイドンもダントツで顔がエロい。
 
 
ダンス部の高木くん
 
筋トレとか如何に目を盗んでサボるかに全神経を使う。でも踊れるから許されるタイプ。練習開始時は一番テンション高いのに一瞬で疲れる。動きが激しめだからでかい服とか着ると映える。即興ソロで遊ばれたりすると後ろで死ぬほど笑う。曲終盤で疲れて死にそうな顔がエロいと後輩の中で評判。
 
 
 
 
 
上手さ含めて一番振付け師の動きに忠実っぽい。オリジナルに忠実な動きで魅せる振り作った人からすると一番嬉しいタイプ(私談)。オーバーにならない程度のウェーブなどほんと丁度いい。根本的に上手い。
 
 
ダンス部の八乙女くん
 
オールラウンダーでどのジャンルでも根本的に上手いので、イベントで複数のジャンルのチームにいて「あれさっきも八乙女出てなかったけまた出てるやん」て言われる。でも全部上手い。振りを作る時はどのジャンルでも作れるから全員ステージに上がるオープニングエンディング作りで重宝される。
 
 
⑨薮宏太
八乙女くんと同じく基本オリジナルに忠実っぽい。が、八乙女くんよりキレ強めで直線的。随所随所で高身長を生かした脚を強調する傾向がある。同じ曲の中でも動きの激しさに差があるので自分で見せ場を意識して配分して踊れるタイプの可能性。
 
 
ダンス部の薮くん
 
ダンス歴が長く小さい頃からステージに上がってきたため場慣れしてるので本番でも余裕がある。どの振りでも薮のスタイルの良さからスタイリッシュになり手足の長さの見せ方も上手いので、フォーメーションで横に来た人から苦情がくる。
 
 
 
 
いや〜〜楽しかったですね〜〜。妄想が弾けましたね〜〜。
マルチアングル顔の寄りが多くてダンス見れないとこも多くてボイドンだけでは物足りない感があるので、また別の形で比較もしたいです。ミディアムテンポとアップテンポの比較とか。ウキウキ。
 
ダンス部妄想に関してはもうこれだけでひと記事いけそうなくらいです。なんか勝手に相関図とか書きたい。二次オタ上がりのジャニオタは妄想が止まらないぞ!!!
 
勝手なジャンル妄想を付け加えると、
山田くん→ポップ
知念くん→ジャズ
中島くん→ロック
岡本くん→ヒップホップ
有岡くん→R&B
伊野尾くん→ロック
高木くん→ポップ
八乙女くん→ハウス
薮くん→パンキン
 
山田くんはR&Bも良さそうだけど個人的にウィークエンダーのヒットの入り方がヤバかったのでポップが見てみたい。
 
知念くんはもう文句なしにジャズだけどやっぱりR&Bと迷いました。ジャストフォーユー?だったかな?のダンス大好き。
 
中島くんはタップダンスの線もあったけど学校のダンス部にありそうなジャンルてことでロック。チャキチャキしてるから合いそう。
 
岡本くんはヒップホップにしたけど正直クランプとか似合いそう。ぜひやってほしい。オスな岡本くんが見れそう。
 
有岡くんはもうR&Bでおねがいしますなんでも上手いけどR&Bの時の有岡くんはきっと爽やかにエロい。
 
伊野尾くんは一番悩んだけどあの独特な感じでロックしたら人気出そうだな〜と思って。ちょっと独特な踊り方するひとは人気でるからそんな感じの位置。
 
高木くんはsmartのYes!からヒットガンガン入れてくれそうな感じがしたのでポップ。ガタイもいいし映えそう。
 
八乙女くんは足技とか映えそうだな〜やってほしいな〜というわたしの個人的願望。本人の雰囲気とも合ってそう。
 
薮くんはパンキンで手足の長さを存分に活かしていただきたいですね!でも一番やってほしいのはヴォーギング!絶対かっこいい!
 
 
もう結論から言うとこんなダンス部が良かった!毎日練習来るわ!悔しい!なぜうちの部にジャンプ君たちはいなかったの!!!
 
山田くん考案の筋トレにヒーヒー言いながら知念くんの振り覚えの良さに五体投地しつつ中島くんと気持ち悪い動き対決とかして岡本くんと難しい振りに二人で頭抱えて伊野尾くんに振り教えながら「なんで?なんで教えた側から若干違うの?」と首捻ってイベント前に他ジャンルと八乙女くんの取り合いして場所決めで薮くんの隣になって自分の短足デブが強調されると不平不満を述べて、イベントの時には有岡くんが小技出すたびアーーーーイ↑↑↑とかいうパリピな日々を送りたかった!!!
 
もう遅い!!!辛い!!!!!
 
 
Hey! Say! JUMPダンスの魅力を語る上で欠かせないフォーメーションについてもどうにかしていずれ書きたい。卒論のテーマコレだったらマジで毎日徹夜もできたのに…クソ…悔しい…
 
 
 
今回の締めにわたしが断腸の思いで選んだ好きな振りトップ10を挙げると、
RWM 切なさ、 バウンス ウィークエンダー 僕はvampire スリル ジャストフォーユー あいあり ユアシード マジサン 
 
ビートラインが入ってねーぞ!カモナはどうした!我Iはどこだ!などとのお怒りの声が私の中でデモ行進を始めてやばいので寝ます!皆さんも良い夢を!グンナイ!